仙台 司法書士渡辺亨事務所 お問い合わせはこちら 仙台 司法書士渡辺亨事務所
仙台 司法書士渡辺亨事務所 業務案内 料金表 事務所案内 お問い合わせ
相続登記

法定相続分ってなに?

遺産分割協議ってなに?

遺言書を作りたい
住宅ローンが終わったら抵当権抹消
仙台で会社を設立したい
遺言書を作りたい
  TOP>>遺言書を作りたい
  遺言書を作りたい。
  遺言書を作るという選択は、きっと残された家族の道しるべとなるでしょう。
あなたのチャレンジを応援します。
  どんな方法があるの?
 
遺言書を作るには3つの方法があります。
自筆証書遺言

いわゆる、自分で書いて、タンスにしまっておくスタイルの遺言書です。市販の本を買ってきて、それに習って書いてしまえば、お一人でも簡単に作ることができますし、費用も書籍代程度です。
しかしながら、必要な要件を取りこぼすと「無効な遺言書」として、ただの紙切れとになってしまいます。このような悲しいことにならないためにも、「全て自分で仕上げたい派」の方も最終チェックのご相談を受け付けております。
また「相談しながら一緒に作りたい派」の方もご相談ください。

メリット
・比較的簡単&比較的安価
・自分一人でできるので内容を秘密にできる
・内容の変更も自分でできる。
デメリット
・全文手書き(ワープロ・パソコンなど不可)
・発見されない可能性もある。
・紛失、偽造、改ざんなどの恐れがある。
・要件を満たさず、無効になってしまうことがある。
・家庭裁判所で必ず「検認」を受けなければならない。
公正証書遺言

公証人役場で公証人に作成してもらいます。形式的に1番確実なのがこの方法です。公証人役場まで行く手間だったり、他人が関わったり、費用がかかることを差し引いても、遺言の実効性の高さは魅力的です。

メリット
・自筆証書のように無効になる心配がない。
・公証人役場で保管してあるので、紛失、偽造、改ざんの恐れがない。
・家庭裁判所に行く手間がない。
デメリット
・費用がかかる(公証人報酬が発生)
・証人が2名必要になる。
秘密証書遺言

公証人役場に自分で作った遺言書を持っていきます。遺言の存在を公証人が証明してくれるので、偽造などで争いが起こることを防ぐことができます。また自分で署名、押印すればあとはワープロ、パソコンなどで記入しても大丈夫です。が、公証人は中身を確認しないので、要件の取りこぼしで無効になることもあり得ます。自筆証書に比べ、手間や費用がかかる割に、家庭裁判所で検認を受けなければならないなど、意外と面倒が多いので、あまりお勧めしません。

メリット
・自筆証書のように全文手書きをしなくてよい。
・公証人にも内容が知られない。
・偽造、改ざんの恐れが基本的にない。
デメリット
・費用がかかる(公証人報酬が発生)
・証人が2名必要になる。
・要件を満たさず、無効になってしまうことがある。
・家庭裁判所で必ず「検認」を受けなければならない。
 
  まず、どこから手を付けたらいいの?
  いろいろ思うところもあるかと思いますので、「誰に」「何を」「どれくらい」相続させるかということを考えてみてはいかがでしょうか?また自分の財産の把握も必要になってきます。「そういえば私道もあったっけ」なんてこともよくあることです。遺言書の方式を決める必要もあります。
困ったら、まずはご相談ください。一緒に最善の方法を探しましょう。


相続登記・遺言書作成・抵当権抹消・会社設立 ご相談ください

〒982-0003
仙台市太白区郡山8丁目11番53号
司法書士渡辺亨事務所
TEL 022-281-9104
FAX 022-281-9106

 
相続登記 遺言書作成 抵当権抹消 会社設立 業務案内 料金表 事務所案内 お問い合わせ リンク